子どもと育つ|胸をはって子育てしたいからママは自分を磨きます☆

育児の悩みは尽きないけれど、前向きに!変化の激しいこれからの時代を生き抜ける子に育てるためにママも進化しないとヤバいと思う。

金運がどんどん逃げて行く!ダメダメな心構えを実際にあった例で解説

【こんな悩みはありませんか?】

・頑張って節約して貯金を増やそうとしてるのに、なぜか貯金がどんどん減っていく

・夫婦の金銭感覚が違い過ぎる。片方は倹約家で片方は浪費家だから「また無駄遣いして!」「ケチケチするなよ!」でお互いに不満(`へ´*)本来なら共同作業のはずの家計管理がむしろ争いの火種になっている

・「もっと働かなきゃ!」「お金を使う代わりに手間暇かけなきゃ!」という気持ちが強くって、お金のために時間に追われているような気がする


こんにちは(*^^*)読者さんの「ママだからワタシ、アップデート」を応援する主婦ブロガー。このふじ みのりです。


今回は「金運アップシリーズ」第二弾!!
金運アップの法則と正反対なダメダメ事例を紹介します。


子育てブログで金運アップの連載することになるとは思わなかったけど、前回の記事がなかなか反響あったので(*^^*)



☆前回の記事はこちら☆
www.with-kids.xyz



子どもの教育に惜しまず投資したいし、ママの時間や心の余裕もお金で買いたい!将来子どもに迷惑かけない為に老後に向けた貯金もしたい気持ちとは裏腹に、産後1年で100万円の赤字を出してしまったからこそ学べた金運アップの秘訣をまとめています。


参考にした本の著者が密教の阿闍梨(徳の高いお坊さん)で風水の考え方も取り入れている方なので、スピリチュアル寄りな感じですが、個人的には心理学など科学的に証明されている事とも通じているように思えます。


これからお話する私の金運ダウン事例でその意味がお伝えできると思うので、どうぞ最後までお付き合いくださいね(*^^*)


金運ダウン事例その1 「お金がない!」が口癖だった


ポジティブなことを考えれば現実もそうなり、ネガティブなことを考えると現実もネガティブな方向へ向かうという

「引き寄せの法則」じゃないですが、

 

「お金がない!」が口癖だと本当にお金がなくなってくるのです。

 

私が愛読している『密教が教える知恵|ここに気づけばもうお金には困らない』の著者(以下、種市さん)の見解によると、「お金がない!」という言葉を繰り返し発することで、「お金がない」が意識に刷り込まれ、実際にお金がない状態になるような行動をしてしまうのが原因だとか。

 

たしかに「ない!」と思えば、使わないように使わないようにするからお金の流れを止めてしまうし、いざ使わなければならない時にイヤイヤ使うことになるから、マイナスの感情の乗ったネガティブな流れでお金を循環させてしまうことになります。

 

(前回の記事内容をご存じない読者さんには意味不明だと思うので補足します。)

お金は川を流れる水のように循環させないと干上がってしまうお金にどんな感情を乗せて流すかで、その後のお金の流れが決まる「こんないいモノと交換できてよかった!」とポジティブな気持ちでお金を使うことで金運が掴める

こんな法則を前回の記事で紹介しました☆(*´ω`*)

 

私はいつもグチグチ「お金がない!」と騒ぎ立てていた訳ではないですが、

 

旦那さんが「週末、飲みにでも行こうよ!」と言えば「お金あんまり、ないよ?家で食べれば安く済むのに」

 

「そろそろ旅行でも行きたいな」と言われれば「今月も赤字なのに?払えないワケじゃないけど貯金減ってきてるよ」といった具合に

 

ことあるごとに、「お金がない」を理由にいろんな楽しみに消極的で、旦那さんの熱意に負けて遊びに行っても「贅沢しちゃって今は楽しいけど、どこかで帳尻合わせなくちゃなー」とイヤイヤお金を使っていました。

 

 

なので、本の中で種市さんに「あなたにとってのお金の定義とは?あなたの意識、そのままその状態になっていますよ」と問いかけられた時はハッとしました。

 

私の答えは「使えばなくなる物」で実際ドンドンなくなっていたし、「自分のチカラを示す物」と思ってる節のある旦那さんは、持ち物や遊びに行った体験談を人から褒めれて鼻高々という事はあっても、家族で過ごす何気ない日常をより喜びの多いものにするようなお金の使い方は苦手な様子。

 
続きは追って加筆します☆