子どもと育つ|胸をはって子育てしたいからママは自分を磨きます☆

育児の悩みは尽きないけれど、前向きに!変化の激しいこれからの時代を生き抜ける子に育てるためにママも進化しないとヤバいと思う。

子育て世代みんながもっと幸せになれる!ブログが秘めた可能性の話

f:id:Konomix:20170727204033p:plain

 

 

ブログがもっと子育てしやすい環境をつくる1歩になるかもしれない!

 

 

 

待機児童の問題がブロガーの発言をキッカケに国会にまで広がった

「保育園落ちた日本死ね!」ブログ。

 

www.sankei.com

当時はテレビのニュースでも、しきりに取り上げられていたのを覚えていますか?  

 

あのニュースで普通の人が世の中に一石投じたいと思ったらブログで発信するのが1番影響力があるんだって実感したことも、私がブロガーになるという選択の背中を押してくれました。

 

今の日本は正直、必ずしも子育てしやすい環境ではありません。

 

兄弟が多くて、3世代同居。

 

子どもの頃からお手伝いで子守りをしていたし、 育児の相談をできる経験者がひとつ屋根の下にいる。

 

f:id:Konomix:20170727201801p:plain

 

そんな時代であればいざ知らず、

 

現代のお母さんは初めて抱っこする赤ちゃんが自分の産んだ子どもで、 赤ちゃんのいる生活をまったく知らないまま玉石混交の情報の海で迷いながら育児をしているケースがほとんどだと思います。

 

f:id:Konomix:20170516080816j:plain

 

私は、色々あって「情報の真偽を確かめねば」という気持ちが強いので 色々と調べたり考えたりをしました。

 

その結果を、私1人で止めておくのは 勿体無いから、シェアして誰かの役に立ちたいと思ってブログを書いてます。

 

また調べても納得できる答えが出なかったことも、 「わからなくって困っています!」と声をあげることで 行政なり企業なり、研究できる力のある機関の目にとまって 解明してもらえたら、次の世代はもっと安心して育児ができるとも思っています。

 

例えば、助産師さんは1歳まで母乳オンリーでも大丈夫っていうけど、栄養士さんは母乳だけじゃ足りないっていう。 

 

どっちも専門家だし離乳食ギライの子どもに悩む私はどうしたらいいの?

 

血液検査で自分のおっぱいの成分がわかれば、食べるのキライでもこの食材だけは食べて~!って頑張りどころが分かるのになあ(((^_^;)

 

こんな細かく考えるママはそんなに多くはないかもしれないですが ブログは「自分のお城」だから(私にブロガーという道を示してくれたtomoさんという女性の言葉です)こういうことをまずは発信してみたいと思っています。

 

「なにそれ神経質だな~」って笑われるのも、「たしかに分かると安心だあ」 って共感して貰うのも私のライティング次第なんだと思うと 「よっしゃ!やってやる!」って思います(*^△^*)

 

 

何かと悩みの多い乳幼児期の育児について、私が本気で考えるのは長くてもあと数年。

 

しばらくしたら、大きくなった目の前の子どもに向き合うことに精一杯で いま悩んでいることなんて忘れてしまうと思います。

 

だからこそリアルタイムな今のうちに社会に発信しておくことで 少しでもいい方向に変えていきたい。これが私の「志」です!

 

もちろん、社会に影響力を持つようなブログはごまんとあるブログのほんの一握りなのは分かっていますが、

 

GoogleやYahooのキーワード検索で上位表示させる「SEO 」を身に付ければ、

 

自分の経験や体験を「価値」に変えることができれば、

 

誰にでもチャンスがあるのがブログの世界なのです。

 

どんなに社会の本質を捉えた意見を記事を書いたって、世間の目にとまらなければ、意味がないですよね?

 

芸能人でも政治家でもない一般人の日常なんて、一見誰も興味がないですよね?

 

でも育児をしていて感じる「なんか、しんどい!」をちょっと掘り下げて言語化することで「私もそう思ってた!代弁してくれてありがとう!」ってことが、あるかもしれない。

 

TwitterやInstagramの育児マンガが流行っているのも、そういうことですよね(*^^*)

 

 

 

先ほど例にあげた授乳の話のように、困ったり悩んで解決した経験をシェアすることも、同じ悩みを抱える人にヒントや解決策を与えることができ、それもまた「価値」なのです。

 

専門家ではない、ブロガーの発言。

 

一見すると信頼性に欠けるように思えますが、専門家でないからこそ既存の専門領域(大学とかの研究ジャンル)を越えて、より実践的な解決策を与えてくれることは、よくあります。

 

実際、小倉優子さんやモデルSHIHOさんが紹介してベストセラーになった、

清水悦子さんの『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』


by ヨメレバ

 

 

この本もブログが書籍化されたモノなんですよ♪

 

著者の清水悦子さんは、医療従事者とはいえ、育児や睡眠のメカニズムについて最初から専門的な知識を持っていた訳ではありません。

 

娘さんの壮絶な夜泣きに育児ノイローゼになりかけたことをきっかけに、医学的な論文を徹底的に調べたそうです。試行錯誤の末、半年間も悩まされた夜泣きがたったの5日間で解消した体験を「同じように悩むママ達を救いたい!」とブログで発信し始めたのです。

 

ついには保育士の資格を取得。夜泣き専門保育士という新たな専門職を生み書籍は発行部数15万部を突破!!現在は横浜を拠点にNPO法人「赤ちゃんの眠り研究所」を立ち上げ講演や認定講師の育成などの活動をされています。

 

自分の悩みに真摯に向き合って、見つけた解決策を社会に還元する。

 

そんな姿勢や行動に「ライフワーク」や「成功」が後からついてくる。(本がたくさん売れて経済的にも豊かになられたのは想像に難くないですよね)

 

そんな清水悦子さんの生き方は私の目標であり憧れです。 彼女もまた私がブロガーを目指す選択の背中を押してくれた1人です。

 

 

ブログを書くことで、あなたもメリットを受け取れる!この仕組みは知って損なし!

 

壮大な夢を語りましたが、1年前の私はブログどころかSNS の投稿もしない、ネットは読むほう専門でした!

 

そんな私がブロガーになって育児の合間を縫って何千文字もの文章を書くということは、憧れや功名心だけで、できることではありません。  

 

 

 

子育て中も社会との繋がりを持って誰かの役に立ちながら自分の力で収入を得たい!!

 

この思いが(のんびりですが)ブログを更新する原動力なんです。

 

 

どうしてブログを書いて収入が得られるのかというと、ブログは立派な「WEBコンテンツ」だから、仕組みをちゃんと知っていれば広告収入が見込めるのです。



ブログで広告収入というと、炎上商法(芸能人のブログがまた炎上してるけど、広告収入目当てにワザとやってるんじゃないの?って話題になったりするアレです)みたいなネガティブなイメージをお持ちの方もいるかもしれないですが、

 

「WEB業界の中でTV業界でいう制作会社みたいな立場になる」とイメージして頂ければ、ブロガーという職業の存在意義がわかりやすいのではないかと思います(*´▽`*)

 

 

例えばTVの存在意義ってなんだと思いますか?(ここでは民放をイメージしてくださいね)

 

視聴者サイドから見ると「娯楽」や「情報収集」など番組によって色々あると思いますが、テレビ局やスポンサー側からすると、ズバリ「広告を見てもらうため」に存在しているのがテレビです。

膨大なお金をかけて作られているはずのTV番組が無料で見られるのがその証拠。

 

テレビ業界にはあまり詳しくない私ですが、出演する芸能人のギャラだったり、大掛かりなセットだったり、海外ロケだったり、1つの番組を作るのに膨大なお金がかかっていることは、容易に想像がつきます。

 

それなのに、視聴者がお金を払わなくっていいのは、CMのスポンサーからの広告収入で製作費を賄ってさらに利益が出せるからなのです。

 

そんなことは知ってるよ!と思われるかもしれませんが、数百万、数千万単位のお金を払ってでも、企業はCMを見て欲しいって改めて考えるとスゴイことだと思いませんか?

 

でも、仮にテレビをつけてもコマーシャルしか流れなかったら??

誰もテレビの電源入れないし、そもそも家にテレビを置かないですよね??(笑)

 

だからこそ、テレビのスイッチを入れてもらうキッカケとして魅力的な番組が必要なんです。

 

TV局が企画した番組を依頼を受けて制作するのが制作会社。

 

 

ブロガーの場合は自分で自由に書きたいことを書くわけですが、そのブログが面白かったり、役に立ったりして、たくさんの人が見に来てくれるのなら、そこに広告を出せることは企業にとって大きなメリットなので、報酬が発生するのです。

 

 

趣味で書いていたブログが予想外に反響があって、「これ立派な仕事になるのに、もったいないよ!」と教えてもらって広告を貼り始めたら、すごい収入になった!なんて方がいらっしゃるのも頷けますね(*´▽`*)

 

 

逆に、始めから広告収入も意識して始める場合は、どうしたらたくさんの人に見に来てもらえるか戦略を立てないといけないので、主観的な「おもしろい!」より「役に立つ情報を発信する」方がハードルが低いと言われています。

 

あとは、ただ広告を貼る場所を提供するのではなく、特定の商品をPRするアフィリエイトという手法もあります。

 

これは「テレビショッピング」のようにコンテンツの中身がそのまま商品のPRというサイトの作り方もできますし、

 

旅行番組のようなかんじ(レストランやホテルやアクティビティーをゴリゴリPRしている訳じゃなくて、モデルコースみたいな情報が番組のメインなんだけど、「あ、このホテルいいな(*´▽`*)」って思ったら、店名や連絡先が文字で映る番組がほとんどですよね)のブログの作り方もできちゃいます。

 

 

私はやりたいことが

「自分の悩みに真摯に向き合って、見つけた解決策を社会に還元する」

「子育て中も社会と繋がりを持って誰かの役に立ちながら自分の力で収入を得たい!

なので、ブログの空いたスペースに広告を貼って、ときどき旅行番組方式を取り入れたりしてますが、どの手法も立派なお仕事だと思います(*^-^*)

 

 

【注意】

とはいえウェルク問題のように健康とかの本当に悩みの深いことについて、「このネタ書けばアクセス集まるの確実だけど、ちゃんと調べて書くと時間もかかるし、正確かどうかは分からないけど、どっかのサイトで見かけたことを繋ぎ合わせて、それっぽく書いとくか!」みたいなのはダメですよ!!とっても迷惑な行為ですし、Googleもそういう行為は嫌うので検索エンジンにも載らなくなって結局は淘汰されていきます。

 

 

参考サイト:

テレビ局と制作会社はどう違うの? | ぺんくり

テレビ番組制作のお値段大公開!バラエティ、ドラマ、音楽番組、情報番組…一番お高い番組はこれだ! | スクープ!エンタメ 芸能 の ツボ